法人ギフトとして贈答花・観葉植物を贈る時のマナーを知っておこう

法人ギフト

いつもお世話になっている取引先に日ごろの感謝の気持ちを込めて贈る法人ギフト。
どんなシーンにどんな贈り物が適しているのか、分からないことも多いでしょう。

 

例えば贈答花・観葉植物を贈る時のマナーですが、会社が設立されたときや周年イベントのようなお祝いの時に贈ることが多いものです。

 

テレビや映画などでもよく見かけるシーンですが、色鮮やかな贈答花があるだけでその場がぐっと華やかになります。
だからこそ、せっかくにお祝いの場にマナー違反をして水を差さないように、最低限のマナーを覚えておくようにしましょう。

贈答花・観葉植物はどんな時期に適したギフトなのか

法人ギフト

贈答花・観葉植物は、会社の設立会社の周年記念などのイベントに贈るときに適していますが、贈るタイミングは開催される前日まで届いていることがマナーとなります。

 

開催当日はバタバタと忙しいときですから、間違っても当日に贈ることだけは避けてください。特に業者が休みの場合はその日も計算して早めに手続きを進めておくといいかもしれません。

 

もちろん、イベントが開催されない場合でも周年などはお祝いすることで今後のお互いの関係がよくなります。
縁起がいいと伝えられている吉数の、

  • 1周年記念
  • 3周年記念
  • 5周年記念

などに贈ることが贈答花・観葉植物を贈る時のマナーとして広まっています。

 

もちろんこれはあくまでも昔から伝わる縁起物の話なので、特に親しくしている取引先には毎年贈るようにしても失礼にあたらないので安心してください。

 

取引先でも吉数を気にせず毎年社内でお祝いをしているところもあります。出来れば普段から何気ない会話の中で周年祝いの話をそれとなく聞き出しておくといいかもしれません。あのとき何気なく話したことなのに覚えていたんだ、と好印象を与えることが出来るでしょう。

どんな種類なら失礼にならないか

「贈答花・観葉植物を贈る時のマナーの中でも特に、どんな種類を贈ったらいいのか」
これが一番頭を悩ませるところかもしれません。

 

一般的には「胡蝶蘭」

法人ギフト

一般的に会社設立や周年祝いとして失礼がなく、さらに贈り先に対して縁起がいいものという意味で好まれているのは「胡蝶蘭」です。

 

胡蝶蘭の花言葉は「幸福が飛んでくる」という意味が込められているので、受け取った側も贈ってきた相手の心遣いに喜んでくれるはずです。

 

さらに、鉢植えタイプには根付くという意味が込められているので、「これからもこの地域に根付いて発展しますように」という思いを込めることも出来ます。

 

差をつけたいなら「葉牡丹」

法人ギフト

胡蝶蘭は一般的に人気があるものの、ほかの会社と差をつけたいという場合は「葉牡丹」はいかがでしょうか。

 

葉牡丹の花言葉は「利益」「祝福」という意味が込められています。
法人ギフトとして人気のある種類ですし、目を引くこと間違いありません。

 

企業イメージやイベントの雰囲気に合ったものが一番

法人ギフト

そのほかにも、贈る相手の企業イメージやイベントの雰囲気に合ったタイプを選ぶこともポイントが高いと言えます。
女性社員が多い職場なら、女性が好みそうな淡い色の花でアレンジするのも好印象を与えます。
そういった細かいところに気配りが出来る会社という印象は、今後の関係性をさらにいいものにしてくれるはずです。

知っておくと助かる贈答花・観葉植物の立札のマナー

法人ギフト

いざ贈るとなるとマナーが分かりにくいのが立札です。
スタンド花でも鉢植えタイプでも、どちらにも立札を付けて贈るのが一般的です。

 

このとき贈り主の名前が書かれた立札を付けることになりますが、ただ名前を書いたものだけでは味気がありません。
気遣いもちょっと不足しているような印象を与えてしまいます。

会社名にロゴなどのワンポイントを

もしも贈る相手の会社にロゴマークがあった場合、立札にロゴマークがあるとさらに華やかさが増すでしょう。これはフラワーギフトショップによって様々ですが、中には無料でロゴを入れてくれるところもあります。

お祝いの言葉を添える

また、ちょっとした心遣いとして、贈り主の会社名と受け取る側の会社名だけでなく、一言お祝いの言葉を添えることも忘れないでください。

相手の会社名を間違えないように

立札は贈り主が誰か一目で分かるものではありますが、贈った相手の会社名が間違っていないかどうかも大切です。

少しの心配りが印象を大きく変えます

こういったささやかな心配りが出来れば、贈った相手の会社だけでなく、その場に訪れた人みんなに気遣いのできる企業という印象を与えることができるはずです。どこでどんな出会いがあるか分かりませんから、誰が見ても恥ずかしくないように贈答花・観葉植物を贈る時のマナーに関して熟知しておきましょう。

 

もう少しマナーについて知りたい、もしかしたら勘違いしているかもしれないと不安な場合は、フラワーギフト業者に相談することで不安や疑問は解消されます。

 

>>法人ギフトをお得にスマートに選べるおすすめサイトランキング<<