ご挨拶や手土産として法人ギフトを贈るときに役立つマナーの話

ご挨拶やお土産として法人ギフトを贈るときに役立つマナーの話

個人的な付き合いなら多少のわがままは通用するものの、会社同士の付き合いとなるとそうはいきません。
これからも変わらずお付き合いを続けていくために、様々なシーンで気持ちを伝えることが大切になってきます。

  • どんなことに気を付けたらいいのか
  • どんなことを知っておくといいのか

ご挨拶や手土産に人ギフトを選ぶ際に役立つ情報をご紹介します。

法人ギフトでご挨拶や手土産を渡すケースとは

手土産と聞くとなんとなく友達に贈るものというイメージがあります。
ビジネスシーンにおいてご挨拶や手土産というのは、相手との関係をよりよくするものとして必要になる場面がほとんどです。

  • 取引先へ出向くときの手土産
  • 出張先にご挨拶するときの贈り物

これがあるだけでお互いの関係がぐっと良くなります。
友好な関係を続けていくためのちょっとした贈り物です。

ご挨拶や手土産はいつ渡すのがマナー?

ご挨拶やお土産として法人ギフトを贈るときに役立つマナーの話

ご挨拶や手土産でギフトを贈るタイミングはいつなのか知っておくことはマナーとして必要なことです。

ご挨拶として贈る場合

初めてお会いするときに贈ることが一般的です。

ご挨拶に選ぶギフト

相手のことが分からない状態でギフトを準備しなければいけません。
出来る限り無難なものを選ぶ必要があります。
初めてのご挨拶で手ぶらというのは避けたいところです。

お詫びに伺う際に選ぶ法人ギフト

こちらの不手際で相手に迷惑をかけてしまったことによるお詫びとして贈るシーンもあります。
この場合は出来るだけ早く贈り物を用意して出向きましょう。
時間が経てば経つほど常識がないと思われますし、顔を合わせにくくなってしまいます。

手土産に持っていくギフト

そのほか現場に手土産を贈る場合、このタイミングは腕の見せ所かもしれません。
例えば屋外で家を建てているとします。

 

夏場の暑い季節なら太陽の日差しがきつくなる前に冷たい飲み物を差し入れすれば、現場で働く人たちの士気もぐっと高まることでしょう。
逆に寒さが厳しい冬であれば、午前中に設けられる休憩時間に温かい飲み物があれば心も体も温まるはずです。

ご挨拶や手土産はどのような物が喜ばれる?

先ほどもちらっとお話ししましたが、シーンに合った贈り物をチョイスすることがとても大事になります。
日差しが厳しい中で汗をかきながら働いている方にクッキーなどのお菓子を差し入れしても、その場で食べる人はほとんどいないでしょう。
状況に応じて喜ばれる贈り物を選ぶことは、こちらの心配りがあるかどうかがカギを握ります。

 

ご挨拶も手土産も、必要以上に値段が高いものは相手が遠慮してしまうことが多い傾向にあります。

 

お詫びの印で贈るときも同様です。
どちらも気持ちを伝えることが大事なので、贈り物の値段はそれほど高価ではないほうが喜ばれます。

やはりご挨拶や手土産、お詫びとして受け取るものなので、物よりも食べるもの、飲み物の評判は非常に高いです。
いつも自分が食べるものを選ぶときは好みが寄ってしまうため、いつも似たようなおやつを食べたり飲み物を飲む傾向が高いです。
しかし、贈り物でいただくと自分が普段食べないような種類をいただくことが出来るので、新しい発見に嬉しくなるという声もたくさんあります。

ギフトで心配りができるか試される。

ご挨拶やお土産として法人ギフトを贈るときに役立つマナーの話

クッキーや焼き菓子などを贈るときは、ひとつずつ包装されているものを選んでください。
これなら手を汚すこともなく、一人分ずつカットする手間もなく、いつでも手軽に口に運ぶことが出来ます。

 

このとき覚えておいてほしいのが、冷蔵や冷凍の必要がないものを選ぶことです。
なぜなら、職場に必ず冷蔵庫があるとは限らないためです。

 

そうは言ってもほとんどのオフィスには冷蔵庫があります。
贈る側が勝手に冷蔵庫があると決めつけることそのものが身勝手だと思われてしまう可能性があるので注意しましょう。

 

また、出来るだけ賞味期限にゆとりがあるものを選んでください。
届いてすぐ全部を食べきるわけではありません。

 

賞味期限にゆとりがないと味わう暇もなく慌てて食べてしまった、もっと味わいたかったと相手に気を遣わせてしまいます。
注文するときに必ず賞味期限がどのぐらいあるのか確認しておきましょう。

ご挨拶の品で他企業と差をつけたいなら

ほかの会社と差をつけるためにも、目新しい贈り物を選ぶという方法もあります。
特に贈り物でいただかなくても自分たちで買えるというものは希少価値が減ってしまいます。

 

もちろん贈り物でいただくわけですから何をいただいても嬉しいものです。
しかしちょっとだけ特別感を醸し出すことで、いい印象を与えることが出来ます。

  • そのとき話題になっていてすぐ売れ切れてしまうもの
  • スポーツ選手や有名人が好んで食べることで有名になった話題のある贈り物

このようなものも、ビジネスシーンでは話題になりやすいので評判が高いようです。

 

もしもお詫びの意味を込めたり、ちゃんとした気持ちを伝えたいときなどは商品のパッケージにもこだわってみましょう。
有名ブランドの高級なお菓子が詰め合わせになっているものはもちろん目を惹きます。

 

中身は普通の贈り物でもパッケージに高級感があるだけで中身の価値もぐっと高まると言います。
値段の高さにこだわるのではなく、パッケージをチェックしてみてください。

相手に対して安心感を与えたいときは定番の贈り物をおすすめします。
誰もが聞いたことのある有名なメーカーや、古くから親しまれているメーカーのものがいいでしょう。
ご挨拶でお会いした人から頂いたときに大きな安心感を得るはずです。

お互いに初対面だと何から話したらいいのか戸惑ってしまいがちです。
手土産が定番だったとき、これを話のきっかけに和んだ雰囲気を作ることができるはずです。

 

お互いの緊張感もほぐれることでしょう。
ロングセラーで人気のあるもの、定番中の定番でこれなら間違いがないという贈り物を選べば間違いありません。

ご挨拶や手土産のギフト選びで印象が左右される。

ご挨拶やお土産として法人ギフトを贈るときに役立つマナーの話

お菓子やスイーツなどの贈り物だけでなく、コーヒーや紅茶、お茶、ジュースなどの贈り物も好まれる傾向があります。
もちろんこの場合も贈るシーンに合わせる必要があります。

 

さすがに現場に瓶入りのインスタントコーヒーを持っていったら、あまりの場違いに失笑されてしまいます。
そんな人はいないと思いますが、瓶入りのインスタントコーヒーなら事務所へ、缶コーヒーなら直接現場へ差し入れとして贈ると喜ばれることでしょう。

ギフトの選び方ひとつでこちらの印象をよくも悪くもします。
取引先とこれからもうまく付き合っていきたい場合、そのシーンに合った贈り物を選ぶことでマナーのある会社という印象を強く与えることが出来ます。
これは社員一同徹底させておきたいところです。

 

相手のご機嫌をうかがうために贈ることが多いものです。
思わず高級なもので気を惹こうとしたり、許しをもらおうと思いがちですが、これはかえって逆効果になります。

値段ではなく心使いが大切

ご挨拶や手土産、お詫びの印ですから、素朴な贈り物で十分なのです。
受け取る側が見ているのは贈り物の値段ではなく、贈ってきた相手の気持ちです。
これからどんな風に付き合っていきたいのか、その気持ちが伝わることが大事なのです。

 

高級品ではないものの、今話題の贈り物で注文が殺到している品物であることが分かった時、誰もがワクワクするはずです。
手に入りにくいものを贈ってもらったというありがたみと、手に入りにくいものをこれから頂くという期待感でいっぱいになるものなのです。
ご挨拶も手土産も、どちらも値段ではなく相手を思う気持ちが伝わるかどうか大事なのです。

>>法人ギフトをお得にスマートに選べるおすすめサイトランキング<<